うわさの舞台裏

*

【森三中・大島美幸】流産2回乗り越えて、妊活休業→妊娠。夫・鈴木おさむ氏ブログで複雑胸中を語る

      2015/04/26

miyuki

昨年5月より“妊活”のため、芸能活動を休業していた森三中の大島美幸さんが、
15日、バラエティー番組『世界の果てまでイッテQ』(日本テレビ系)で
現在妊娠6ヶ月で、出産は6月の予定であることを発表しました。

 

sponsored link

 

また所属事務所を通じて、タイミング法から入り、
人工授精で妊娠に成功したことに触れ、妊活は夫婦の共同作業なのだと
改めて実感したことを述べていました。

これまでに、自然妊娠から2回の流産を経験している大島さんにとっては、
とても苦しく不安の日々であったようですが
夫・鈴木おさむ氏の支えもあって、乗り越えられたそうです。

pregnant

また同日に鈴木氏のブログでも、妻の妊娠の報告を
過去の辛い経験から「妻にまた、悲しい思いをさせたくない」
と複雑な胸中であることを吐露していました。

ブログに綴られた内容では、
大島さんの子宮筋腫の治療も行ってたことや、
過去の2度の流産の体験にも触れていました。

2度目の流産の時は双子で、
結局大島さんのお腹の中には3人の命が宿りながらも
失ってしまったことで受けた精神的ダメージのこと、
彼らの精神的葛藤を支えてくれた人々に対する感謝の気持ちや
ここに来るまでの夫婦間のやり取り、感じたことが綴られていました。

そしてようやく安定期を迎えて、
報告しても良いと判断したようですね。

とにかく、めでたしめでたし・・・

鈴木おさむオフィシャルブログ「ご報告??」

さてそんな2人が結婚に至ったケースがあまりにも変わっていることや、
鈴木&大島夫婦が堅い絆で結ばれている様子が、
特筆すべきインパクトがあるのでまとめてみました。

 

sponsored link

 

2人の馴れ初めについて

2002年に結婚した、放送作家の鈴木おさむ氏と森三中の大島美幸さんは
それまでの交際期間が全くゼロの状態から、いきなりというものでした。

当時既に何本もの担当番組を持つ、売れっ子放送作家だった鈴木氏が
飲み会の席で、まだ駆け出しの芸人・大島美幸さんに対していきなり
「結婚しよう」と言い出したのが始まりでした。

仕事柄、ネタの要素を常に探求している鈴木氏は、ノリの延長で
「大島に結婚宣言したらウケるだろうな」と思いつくままに言ってしまったのに対して
大島さんの答えは「いいっすよ」だったそうです。

もちろん鈴木氏は、身体を張って笑いをとってる
大島さんのことを尊敬していたといいます。

それには森三中の他のメンバーから「冗談はよしてくれ!」と注意されて、
逆に本気になり、翌週には大島さんの親に挨拶に行ったのだとか・・・

この人はやはり筋金入りの放送作家で、
身体を張ったネタ作りなのか、ネタを生きる人なのか
仕事もプライベートも一緒にしてしまうところがスゴい!

結局、全てネタにしてしまい、本気で妻を愛してしまう・・・

自分の妻をブス呼ばわりして、赤裸々な新婚生活を綴ったエッセイ、
そのタイトルも『ブスの瞳に恋してる』を出版するとは、相当な根性の持ち主です。

しかもこれはベストセラーになり、続編が出るは、映画化されるはと、大ヒットします。

 

愛する妻への気持ちをタトゥーで表現!

さらにこの人はすごいことをやっちゃいます。

2014年3月15日に自身のブログで、
彫ったばかりのタトゥーが入った自分の背中を公表しちゃいます。

tattoo

漢字の行書体で妻の名前「美幸」と・・・
スゴい覚悟です。

一生消えない証をボディーに刻み込むなんて・・・
永遠の愛を誓っているのと同じですよね。

相手の女性からしたら、倒れそうになるくらい感激することでしょう。

これを結婚10年目の記念に、妻へのプレゼントとして贈るのですよぉ。

よく聞く話、普通なら10年も経てば、夫婦もマンネリ化するのが落ちのところ、
この新鮮さを保てることと、気迫には頭が下がります。

タトゥーを彫る時の痛さなど、様々な冒険的体験をしているようですが、
作家として、妻の生い立ちからヒントを得て書いた恋愛小説『美幸』の中で
主人公がタトゥーマシンで復讐する件などは、この経験が元になっているのだそうです。

鈴木おさむオフィシャルブログ「背中の美幸??」

 

sponsored link

 

関連記事はこちら

 

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。