うわさの舞台裏

*

妊娠中の仁科仁美の交際相手・米山久氏「養育費と認知はOKだが結婚NG」呆然とする仁科母娘

      2015/04/26

hitomi

2月21日にスポーツ紙に大きく「仁科仁美妊娠!」の見出しを飾ってから
わずか10日余りで、今度は今月5日発売の『女性自身』で
結婚は難しい状況にあると報じられました。

 

sponsored link

 

仁科仁美プロフィール

生年月日:1984年11月1日(30歳)

出身地:京都府京都市西京区

血液型:A型

身長:164cm

スリーサイズ:83・60・85

両親は俳優・松方弘樹と女優・仁科亜季子

 

順風満帆だった結婚に向けての計画がある日突然に・・・

昨年報道された交際相手の米山久氏(44歳)とは、結婚も秒読みかといわれ、
既に所属事務所も寿退社をし、母娘共々同居していたタレントの仁科仁美さん。

昨年、結婚秒読みと報じられた頃、
TBS系バラエティ番組『サンデージャポン』に電話出演し、
交際の事実を認め、今後も進展の様子を報告すると、
幸せそうに語っており、てっきりこのまま結婚するものと思われていました。

それが、どいうわけか突然に、米山氏が結婚することに難色を示したというのです。

交際中の恋人は『塚田農場』や『四十八漁場』など産直居酒屋を運営し、
全国に180店舗も展開するなど他にも様々手掛け、
年商150億円を誇る実業家・米山久氏です。

komeyama

▶米山久氏とはこんな人

そんな米山氏と仁科さんは2014年初め頃に共通の友人をとおして知り合い、
交際をスタートさせたのでした。

交際当初は都内の高級マンション住まいだったのを、
仁科さんの母・亜季子さんも一緒に暮らせるよう
仁科母娘が住んでいた一戸建てを改造し、二世帯住宅にして
自分も移り住んでいました。

これで準備万端とばかりに、
着々と結婚に向けて進んでいるかのように見えていました。

当人を始め、誰の目にも仁科母娘に尽くしているように見えていた米山氏に
飛び込んできた吉報“仁科仁美の第一子妊娠“。

この知らせを受けた米山氏から仁科母娘が返された言葉は
一瞬耳を疑うものでした。

 

sponsored link

 

当然喜んでくれるものと疑わない仁科さんに対して、
米山氏の口から放たれた言葉は
「認知はするし、子供の養育費も出すが結婚はしない」と・・・

さらに言葉は続き・・・
「最初から結婚するなんて約束はしていなしでしょ!」

と言いながらも、このまま同居は継続するつもりらしいのですが、
これには、仁科母娘はショックのあまり、呆然とするしかなかったようです。

この米山氏の発言について、自宅から出てきた亜季子を直撃した。

――米山さんが仁美さんに「入籍はしない」と告げたそうですが?
「仁美からは何も聞いていません」

と言いながら表情を引きつらせる亜季子。

――入籍しないんですよね?
「大人のふたりが、ふたりで考えて決めたことなので…」

と結婚をしないことを暗に認めると、足早に車に乗り込み、走り去った。

一方の米山氏にも話を聞くため、彼の会社に問い合わせると、「仁科さんとのことは、あくまでもプライベートのことで、会社とは関係のないことですので、お話しすることはない、と本人は申しております」とのことだった。

【引用元:女性セブン2015年3月19日号】

内心“騙された感“が拭いきれない母・亜季子さんは、
生まれてくる子供のことを考えると、
相手との関係を断つわけにはいかない娘が不憫と、
苦しい胸のうちを親しい知人に漏らしていたといいます。

nishinaoyko

この、お金を持っていない人には決して真似できない言動は
男性なら誰でも理解ができなくもないですが
問題は、それを実行してしまうこと。

米山さんは、仁科さんに飽きてしまったのか、
彼女のことを“自分のアクセサリー“とか酷いことを言っていたとか、
離婚歴から結婚に対しての嫌悪感があるのかも?とか・・・
米山さんの知人は話していたといいます。

しかも前妻は離婚後も会社の取締役を務めている背景から、
ビジネスパートナーとしては未だ健在なのかも知れなく
そこら辺の事情も躊躇してしまう原因なのかもと・・・

はたしてこの騒動の着地はどうなるのでしょうか?

仁科仁美さんはこのまま未婚の母となるのでしょうか?

 

sponsored link

 

関連記事はこちら

 

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。