うわさの舞台裏

*

観月ありさの結婚相手・青山光司は上原さくらと“ドロ沼離婚騒動”の元旦那

      2015/04/15

alisa+koji

女優の観月ありささんが、ついに結婚したことを
22日、所属事務所を通じて発表しました。

お相手は2013年の秋頃から交際を始めた
元・上原さくらさんの旦那で、KRH株式会社・社長の青山光司氏です。

 

sponsored link

 

21日に婚姻届を提出した2人は既に同居をしており、
青山さんは土地代だけで10億円もする、都内の高級住宅地に豪邸を購入し、
来春にはそこでの生活が始まる予定らしいです。

そんなアツアツの2人は昨年から海外旅行三昧で、
タヒチ、フランスの高級リゾート地・サントロペでの
ラブラブな場面を写真週刊誌にキャッチされています。

挙式・披露宴は未定ですが、何かと交友関係の広い2人ですから、
まずは披露パーティーを開くのでは、と関係者は語っているようです。

また、観月さんはまだ妊娠はしていないとのことで、
仕事は今まで通りに続けると・・・

さて、この結婚、祝福されて当然なはずですが、
なぜか先行きが危ぶまれるようなうわさがあるようなのです。

何故なのか、気になるので調べてみました。

 

観月ありさのプロフィールと順風満帆な芸能生活

生年月日:1976年12月5日(38歳)

出生地:東京都練馬区

身長:170cm

体重:45kg

血液型:A型

スリーサイズ:82・59・87cm

職業:女優、歌手、モデル

所属事務所:ヴィジョンファクトリー

観月さんは、母親が日本人とアメリカ人のハーフで父親が日本人のクォーター。

4歳の頃からCMや子役モデルとして活動している観月ありささんの芸歴は30年を超え、
24年連続の“連ドラ主演”の記録を持ち、
なんとギネス記録に認定されているほどです。

1989年には12歳で「教師びんびん物語Ⅱ」に女優として主演。

1991年には「超少女REIKO」で映画初主演を果たします。

同年、14歳の観月さんはシングル「伝説の少女」で歌手デビューをも果たします。

さらにオリコンシングルチャート5位を記録し、
この年の「第33回日本レコード大賞」では新人賞に輝くなど
数々の栄光を手にしているのです。

当時は、まだ観月さんのようなズバ抜けた容姿の女性は珍しく、
170cmの長身で、小顔な上に股下84cmで9頭身美女と話題になったものです。

longlegs
さてさて、そんな観月さんのこれまでの熱愛報道もまた輝かしいものがあります。

1999年にはJリーガーの永井秀樹さんと交際がうわさされました。

2004年には歌手の光永亮太さん。

2007年にはモデルの滝川ロランさん(滝川クリステルさんの弟)。

そして、またその後には俳優の滝川英治さん(滝川クリステルさんの従兄弟)、
清水良太郎さん(ものまね芸人・清水アキラさんの息子)
との恋愛が話題になりました。

“モテ女“の異名を欲しいままに飛ばしまくりの観月さんは
2011年に、『羞恥心』の野久保直樹さんとのお泊まりデートを
『女性セブン』に報じられました。

野久保さんはTwitter上で熱愛を否定していましたが、
今度は2013に同じく『羞恥心』の上地雄輔さんと
とあるパーティー会場でイチャツイているところを目撃され、
一部メディアで報じられたこともあったんですねぇ。

とまあ、どこまでが本当かはナゾなのがこの手の報道の実情ですが、
かなりの男性遍歴なことだけは云えているようですね。

 

sponsored link

 

夫となった青山光司という人物とは

一方、観月さんの夫となった青山光司氏は
芸能人ではありませんが、元妻が上原さくらさんということもあり、
これまで散々メディアを賑わせてきた人です。

koji

生年月日:1972年7月13日(42歳)

身長:180cm

出身地:岐阜県羽島市

血液型:B型
この方の職業は、建築足場メーカー
KRH株式会社の代表取締役です。

圧倒的な車マニアの青山氏は車雑誌『ベストカー』に連載を持つほどで、
モータースポーツ事業をも手掛けているのだそうです。

愛車フェラーリを乗り回すことから、『フェラーリ王子』の異名も・・・

他にも食品事業などもあり、グループ全体の年商は150億円にもなるといます。
青山氏は上原さくらさんと2011年に結婚し、
2013年に離婚協議中と発表されてからは
“ドロ沼離婚劇“の話題でもちきりになりました。

2011年、上原さんの飛び降り自殺未遂が報道されましたが、
その際に、知人に送った遺書メールに記載された内容が
夫の脱税を告発するモノだったことなどが週刊誌に報じられました。

suicide

それに対して夫の青山氏は別の週刊誌上やブログで疑惑を否定し、
上原さんの“夫の殺害計画“を周囲に語っていたことや
巨額慰謝料を請求されていることなどを告白するなど、
一気にドロ沼化していったのです。

2013年3月の離婚調停で上原さんから5億円の慰謝料を要求されるものの
調停中にホテルに入る浮気相手とのツーショット写真が週刊誌に報じられて、
結局慰謝料ナシで離婚が成立する結果となってしまったのでした。

hotel
実は青山氏も、女性関係が地味とはいえない素性の人で、
上原さんとの結婚前から有名人との交際があありました。

2008年、元C.C.ガールズの森洋子さんとベッドでの写真が週刊誌に報じられ、
森さんが所属事務所を解雇されてしまいます。

cc

この写真の流出元に、当事者の青山氏の名前が浮上するなんてこともありました。

やはり、上原さん以前のことですが、
クワバタオハラの小原正子さんとの交際が報じられたこともありました。

 

まとめ

社長業ながらも一般人である青山氏は有名人との交際が目立ち、
(つまり、女性にブランドを求める?)
しかも良からぬうわさも気になってしまう存在で、
一方の観月ありささんもまた、
決して地味ではない男性遍歴を持つ女性・・・

ネット上では、さっそく
今後の2人の行方を懸念する声が聞こえてきているらしいのです。

 

sponsored link

 

関連記事はこちら

 

  関連記事