うわさの舞台裏

*

安めぐみが出産!子供の性別は女の子&名前は詩歌(うた)。東MAXとの馴れ初めは?

      2015/04/26

yasu

夫のお笑い芸人・東貴博さんの第1子となる女の子を
タレントの安めぐみさんが17日に出産し、
同日、所属事務所を通じて発表しました。

 

sponsored link

 

名前は東さんの師匠でもある萩本欽一さんが命名し、
漢字は夫婦で考えて“詩歌(うた)“ちゃんだそうです。

東さんの本名は飛田貴博(ひだたかひろ)ですから、
飛田詩歌(ひだうた)ちゃんとなるわけです。

まず最初に考えられることは学校の先生とかが読めなく、
毎度、本人が読み方を伝えなくてはならなくなるだろうと想像がついてしまいますよね。

この手の一見読めない名前は90年代に流行り始め、
キラキラネームというのだそうですが、
本人の苦労を余所に印象的な個性を放っています。

連名直筆のファックスには、誕生した女児は父母のどちらでもなく、
東さんの亡き父・東八郎さん似であることが明かされていたそうです。

その後22日には退院し、
詩歌(うた)ちゃんとともに帰宅することになって
ずっと会いたかった娘と一緒にいる実感で胸いっぱいになっていることを
自身のブログで綴っていました。

baby安めぐみオフィシャルブログ▶http://ameblo.jp/megumi-yasu/entry-12005010556.html

また、さっそく詩歌ちゃんの寝顔の写真などもアップされており、
幸せな気分が伝わってきて、とても微笑ましいことになっていました。

 

安めぐみプロフィール

生年月日:1981年12月22日(33歳)

出生地:東京都府中市

身長:158cm

血液型:A型

所属事務所:ハーモニープロモーション

女優でもある安さんは、主にタレントとしての活動が多く、
2006年には「男性が選んだ結婚したいと思う、
いいお嫁さんになりそうな女性タレントランキング」
で1位に輝いているのです。

 

sponsored link

 

安めぐみと東MAXとの馴れ初め

気になる、安さんと東さんの出会いは1999年に遡ります。

仙台放送のローカル番組『TOPCAT』の司会をTake2が務め、
その頃高校生だった安さんが、
募集していたアシスタントオーディションを受けにきたのがキッカケでした。

今ではそれが売りの、安さんのキャラである、
のんびりしたトークは向いていないと、スタッフは全員反対でした。

その中で東さんだけが「逆にそれがいい」と推し、
決定となり、タレント・安めぐみの誕生となったのですから、
その当人が未来の夫になる人だったとは、なんて運命的なのでしょう。

しかし、当初は12歳年の差の2人には何も起こることはなく、
8年後に東さんがパーソナリティーを務めるラジオ番組・
ニッポン放送『ヤンピース』で再会することになるのです。

既に、前出の「男性が選んだ結婚したい・・・」で1位になり、
2007年には「ブライダルジュエリープリンセス」獲得と、
安さんは華々しく活躍しており、思い出話にも花が咲いたのでした。

やがて2人は真剣交際に発展しました。

清楚なほんわかキャラの安さんと
札束で汗を拭く、嫌みな芸風が売りの東さんでは不釣り合いだと
周囲の反対があったことがまた、
2人の関係をさらに強固なものにしたといいます。

2010年に安さんの母親・千恵子さんががんで亡くなった時も
東さんは安さんの支えになっていました。

自身も若くして、偉大な父親を亡くしており、
安さんの悲しみを痛切に解ってあげられたのだそうです。

そしてついに2011年3月、2人の熱愛が報じられ、
やがて、結婚に至ることはあまりにも自然な成り行きだったようです。

yasu+adma

東さんは意外と男らしいタイプで、
グイグイ引っ張ってくれるところが結婚を決意したポイントだったと
安さんは語っていたといいます。

 

sponsored link

 

関連記事はこちら

 

  関連記事