うわさの舞台裏

*

仕組まれた米倉涼子の離婚報道!上戸彩の妊娠報道とのただならぬ因果関係とは?

      2015/08/29

yonekura

女優の上戸彩さんが夫・HIROさんとの間に第一子を妊娠したことを4月12日に事務所が発表しましたよね。

その後一斉に報じられたニュースで、しばしお茶の間はおめでたムード1色でした。

一方では2月下旬頃から目にしはじめていた、女優・米倉涼子さんと会社経営者の夫との不仲報道がついに4月9日、一斉に離婚協議に入っていると各メディアが報じました。

 

sponsored link

 

この2人の共通点といえば所属事務所が一緒ということですが、実はこれらの報道にはある因果関係があるといわれています。

では、それらはいったい何なのでしょうか?

 

米倉涼子夫妻の不仲報道

◆『女性自身』(2月24日発売)
40歳までに子供が欲しい米倉涼子さんを余所に、
連日、深夜まで飲み歩き、毎日午前さまの夫とは
物理的に、そして精神的にすれ違いと・・・

◆『スポーツニッポン』(3月31日発売)
別居状態から離婚の可能性も・・・

◆『女性自身』(4月7日発売)
「子づくりよりもカネ!」
夫は仕事のプロジェクトで大阪に住まいを移し、
別居して仕事に没頭・・・

◆『週刊文春』(4月9日発売)
夫のモラハラと暴力、
既に離婚を決意した米倉涼子さんが離婚協議へ・・・

 

3月に入ってからの報道は、すべて夫のネガティブ情報になっているんですね。

 

実はこれらの情報をマスコミが知ることとなったネタの出所は、米倉涼子さん、上戸さんが所属するオスカープロモーションだったとの疑惑があるのです。

報道内容は、どのメディアも“知人の証言“で構成されるモノばかりで、詳細にわたる米倉涼子さん夫婦の私生活が記されており、しかも示し合わせたように各社が一斉に報じているのはあまりにも不自然だとしかいえないのだそうです。

これがオスカープロモーションがマスコミに対して先手を打って、思惑どおりの「モラハラ夫に傷つく妻」というイメージ作りに奔走しているといううわさの根拠なのだそうです。

思い起こしてください。

昨年末に1年半もの同棲生活が発表された時、所属事務所であるオスカープロモーションは交際以外の同棲、結婚を否定していました。

 

▶会社社長の一般人との熱愛報道から結婚!米倉涼子の歴代交際相手が知りたい

 

事実が世間に知らされて、仕方なく2日後に一挙結婚発表に踏み切ったいきさつがありました。

そもそも稼ぎ頭である米倉涼子さんの結婚には反対だった事務所です。

そんな事務所の不本意な思惑とは裏腹に、米倉涼子さんは早くも子づくりを切望し、仕事をもセーブしだし、事務所にとっては困った事態に陥っていたといわれています。

堂々と言えることではない本音・・・稼ぎ頭の看板女優の妊娠には反対で、仕事をこれまでのように取れなくなることに頭を抱えていたのですね。

そんな状況下で起こった夫婦の不仲問題、2月末の『女性自身』の報道あたりでしょうか?

そうはいっても、それくらいのことはどこの家庭でも普通に起こる程度のコトだったようで、当初は“離婚“の2文字がちらつくようなレベルのモノではなかったようです。

 

sponsored link

 

上戸彩が妊娠

そこへきて、絶妙なタイミングで知らされた事実が上戸彩さんの妊娠だったのです。

ueto

そこで、同時に2人の看板女優に休まれたらたまったもんじゃないと、事務所的に、いくらかダメージを少なくする作戦に出たらしいのです。

オスカーは3月の時点で、上戸彩さんの妊娠の情報を得ていたようですから、この上“米倉涼子さんが妊娠“なんてことにならぬうちにということで、米倉涼子さん夫妻がうまくいっていないことをキッカケに、この夫婦の別れを促すべく、2人の「不仲+離婚危機」をマスコミにリークしたというのです。

これら流されたネガティブ情報は、すべて夫が悪者になっていて米倉涼子さんには同情が集まるようにアレンジしてあるので彼女の仕事には悪影響のないところまで配慮が行き届いているわけですね。

なんという・・・
絶句してしまうようなしたたかさ。

米倉涼子さんの夫は一般人ですから、このような事態に陥ってしまうと何の後ろ盾もあるはずもなく、されるがままということに・・

結果的に同じ事務所の一方のめでたい話が、もう一方の不幸を助長させるとは、いかにも芸能界内幕の非情さを物語っているように見えます。

芸能プロダクションは人を扱いますが、もはやお金優先のただの商品でしかないかのようです。

もちろんこれはうわさレベルの話ですが、報道関係者の間で飛び交っていて、とても信憑性のある内容ですよね。

 

日常茶飯事に行われる情報のリーク

実は、抱えるタレント、女優などの恋愛や結婚沙汰には実入りの影響する事務所側が情報を操作することがしばしばあり、もちろんマスコミへのリークも珍しいことではないのだとか・・・

 

◆中山美穂が辻仁成と離婚
「中性化した辻が原因」などと辻さんの否を浮き彫りにする内容を打ち出したのは、中山さんの所属事務所(バーニングが親会社)。

◆内田有紀と吉岡秀隆
内田さんが結婚を機に引退をほのめかしたので吉岡さんのネガティブ情報が・・・

◆スザンヌさんと斉藤和巳さんの離婚
夫の子供嫌いや浮気などのネガティブ情報はスザンヌさんが所属のケイダッシュのリークの可能性・・・

◆矢口真里さん不倫報道
元夫・中村昌也さん所属のワタナベエンターテインメントのリーク・・・

とまあ、タレントのイメージはCMの契約料など様々な芸能活動に影響するので、事務所は必至になって守ろうとするわけですね。

 

sponsored link

 

関連記事はこちら

 

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。