うわさの舞台裏

*

【芸人界の恋愛王】佐々木希さえも落ちたアンジャッシュ渡部建の恋愛心理学㊙テク

      2015/04/26

sasaki+watabe

23日発売の『女性セブン』で報道された熱愛、
お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建さんと、モデルで女優の佐々木希さんの
自宅マンションでのデートがついに公にされたことで
なんだか世間が賑やかになっているようですね。

 

sponsored link

 

佐々木希さんといえばアメリカの映画情報サイトである
『TC Candler』が選んだ「最も美しい顔100人」に毎年連続4回も
ランクインしたことでその美貌が証明されています。

そんなワールドビューティーをゲットしたこの男は
年間500軒のお店を食べ歩く“グルメ王”でグルメ本を出版するほど。

そんな自身の得意分野を活かし、佐々木さんをオススメレストランに連れて行っては
食との新たな出会いを演出しているといいます。

なるほど、やっぱりポイントは胃袋・・・なんですかね。

お馴染みのお店には何度も行っているらしいですが、
よくもまあ今まで明るみに出なかったことが不思議なくらいですねぇ。

「もう2人が来ても驚かなくなりました。変装もせずに来るのでバレバレ。帰りはいつも酔っ払って、佐々木さんが渡部さんにちょっかいを出しています。あの2人、どう見ても付き合ってると思うんですけど……」

【引用元:サイゾーウーマン】

ここんところバナナマンの日村勇紀さんと神田愛花アナウンサーの熱愛報道が
あったばかりですが、“お笑い芸人が美女をゲット”という図式が目につきます。

佐々木さんはかつての『嵐』の二宮和也さんとの交際が有名ですよね。

2011年に『日刊スポーツ』に報じられた2人は半同棲状態ともいわれていました。

その後には破局疑惑も飛び交っていましたが、しばらく音沙汰がないと思ったら
知らないうちに、すっかりこんなことになっていたんですねぇ。

 

佐々木希プロフィール

生年月日:1988年2月8日(27歳)

出身地:秋田県秋田市

身長:168cm

血液型:AB型

所属事務所:トップコート

 

渡部建プロフィール

生年月日:1972年9月23日(42歳)

出身地:東京都八王子市

身長:175cm

血液型:O型

所属事務所:プロダクション人力舎

グルメ王の渡部さんは、食に関するウンチクもなかなかなんでしょうが、
食に限らず、様々な事柄がきちんと整理できており、
必要に応じて、いつでも好きに引き出せる知識のストックが豊富らしいのです。

例えばそのひとつに恋愛㊙テクというのがあり、
彼は『芸人界の恋愛王』とまで呼ばれた男だったのです。

それは確かなる「恋愛心理学」に裏打ちされたモノであるらしく、
佐々木さんもそれでコロッといってしまったのでしょうか?

ではさっそく、渡部さんが以前番組などで明かした㊙テクとは
いったいどういうモノなのかちょっと見てみましょう。

 

sponsored link

 

渡部建が活用する“恋愛心理学”

◆デートの時はテーブルではなく、カウンターに座る

テーブル席で向かい合って席に着くと、何かと目線があってしまい、
緊張感を与えてしまうため、カウンター席に並んで座れる所にする。
その場合、感情を司る脳である右脳に直接届けるために、
相手の左側に座ると良い(ちなみに左側の知覚はに右の脳が担当)。

◆相手の愚痴とか不安に思っていることを吐き出させる

つい相手が理想に思っていることなど、
ポジティブな要素を聞いてしまいがちなところ、
逆に嫌いなケースを聞く方が結果として好感を持たれる。
これは学術的には「カタルシス効果」といって、
愚痴など話すことによって緊張感が緩和する効果を狙ったもので、
聞いてあげることで相手に包容力を感じさせるテク。

◆先にネガティブなことを付け足してから意図した内容に入る

相手に何かを表現しようと思ったら、
まず、デメリットとかのネガティブな要素を先に伝えてから
その後にメリットなどのポジティブ要素をもってくることで、
そのニュアンスが強調される効果を狙う。
これは「両面提示の法則」というモノで、
例えば、あなたはどんな性格かという質問にはただ「優しいと思う」
と答えるよりも、「たまには怒ることもあるけど普段は優しいと思う」
と答えるというように。

◆不信感を持たれそうな内容を安心感に変えてしまう

安くなったモノを、その理由を明確に伝えることで得られる効果。
これは「キズもの効果」ともいわれ、
例えば、「どうして今まで彼女がいなかったの?」と聞かれたら
「若いうちは仕事に打ち込んで基礎を固めたかったから」
と、その理由を明確にすることによって不信感が安心感に変わる効果を狙う。

◆コロンボ効果

失敗談を話すことにとって、容疑者の心を開き易くするために
刑事コロンボがよく使う手。
「うちのかみさんがね、・・・やらかしましてねぇ」
改まったムードの時には効果的で、
失敗談から始めると打ち解け易くなる。

◆同調効果

食べ物を食べる時や飲み物を頼むタイミングを相手に合わせ、
行動を同調させることで、無意識レベルに於いて仲間意識を感じさせるテク。
心理カウンセラーとかのプロがよく使うワザでもあり、
営業マンの育成セミナーのも応用される。
とまあ、あげればキリがありませんが、おおよそこんなカンジです。

今年43歳になる渡部さんの、こんな用意周到なオヤジテクにかかっちゃぁ
いくら“元ヤン”の佐々木さんでも、まだ20代の若さですから無理もないカァ。

 

sponsored link

 

関連記事はこちら

 

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。