うわさの舞台裏

*

18歳年下の韓国人ヒモ夫が失踪、死んでるかも?【岩井志麻子氏】

      2015/03/05

iwaishiako

東スポでコラムを連載中の作家・岩井志麻子氏(49)が、
10月20日放送の「ライオンのごきげんよう」(フジテレビ系)に生出演して、
18歳年下の韓国人夫のジョンウォンさんが約1年前から失踪中であることを語った。

本紙の緊急インタビューにて、驚きの成り行きを明かした岩井氏は
「もしかしたら、死んでるかも…」と衝撃的な発言を淡々としていた。

 

sponsored link

 

岩井氏の同番組での発言により、スタジオ内の空気は一瞬固まった。

「夫は私のヒモのくせに、金持ちの独身と騙って、
韓国の女と付き合ってたらしいんですよ」

夫のジョンウォンさんは、浮気問題を巡って岩井氏との口論の末、
彼女が離婚を決意したのを察して突然姿を消したということです。

岩井氏の話によると、「夫が失踪したのは昨年の冬のことでした」と・・・。

稼ぎが少なく、常にお金のないジョンウォンさんはには、
浮気が発覚してからは、まったく送金していないという岩井氏曰く
「生活が苦しくなっても、正式には別れない状態を維持したいらしい」

ジョンウォンさんは「父親はアメリカで事業をやっていて、
自分も韓国でネイルサロンを運営している」と自己紹介する女性に近づき、
自分も「独身の金持ち」と打明けて二人は急接近したということなんですね。

「結婚願望をちらつかせる女を夫はノラリクラリとかわしていたが、
女が『何か怪しい!』と思って調べたら、
日本のおばちゃん(岩井氏のこと)の存在に行き着いたのよ」

逆に、ピンときた岩井氏はジョンウォンさんの浮気を確信し、
「若い女と一緒になりたいなら離婚してもいいよ」と本人に告げたら、
否定されたらしいです。女性が金持ちでないのがその理由なのは見え見えです。

「風俗嬢だったのよ、その女。熟女ブームというものがない韓国では、
30歳過ぎたらもう需要がないから、
何としても自称金持ちの夫をモノにしようとしたんじゃない?
夫もまさか文無し風俗嬢と一緒になろうとは思わなかったんでしょうね」

 

sponsored link

 

それからしばらくして、その女性から電話があって、
「彼とは別れた。人間のクズだ! どこにいるのか知らないか?」と・・・。

その状況からしばらくして、今年3月に女性から電話がきて
「あんな人間のクズとは分かれた。どこにいるのか知らないか?」
と泣きつかれたそうです。

「本当か嘘か分からないけど『私の貯金を盗んで姿をくらました。

居所を教えてほしい』と言うんです」すでに電話番号を変えていたジョンウォンさんには岩井氏も連絡を取りようがなく、何処に居るかも知らない。

そこで捜索願を出しにソウルの警察を訪れたんだそうです。

「警察官に行って事の次第を説明したら、
『その男はゴミですね』と言われちゃいましたよ」と岩井氏の言。

警察に行った話を女性に伝えると「もう新しい生活があるから連絡はよこさないで」と電話を切られたということです。
えっ?!一体どういうこと?

「考えられるとしたら、私のお金が狙いだったのに、
まさか本当に警察に行くとは思わなかったから『ヤバい』となったのかもしれない」

もう一つの可能性は・・・まさかそんな!((((;゚Д゚)))))))

「実は夫は死んでいて、それを知っている女はアリバイ工作のために、
私に『どこにいるか知らない?』と連絡してきたのかも・・・」

「話し合いに応じる用意してあります」と、
岩井氏はまだジョンウォンさんの謝罪を受け入れる姿勢でいることを明かしました。

もう一つおまけの話。警察に行った日の夜、韓国人男性に、
なじみのバーでナンパされて、そのまま体の関係を持ったということです。

「彼はその後、わたしの愛人になりました。
人間というものは浮気する生き物なんです。しないやつはいない!」

なんというウルトラウーマン!凄過ぎるぅ!!(゚д゚lll)

 

sponsored link

 

関連記事はこちら

 

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。