うわさの舞台裏

*

熱愛中の彼女はリケジョの薬剤師だった! フライデーされた佐々木蔵之介

      2015/03/04

sasaki

年の瀬にかけて、年内に間に合わせろ!とばかりに
ぞくぞくと芸能人のカップル誕生が報じられていますが、
中でも、世の女性たちの憧れの的が次々に結婚発表に至った2014年でした。

向井理さん、伊藤英明さん、西島秀俊さんなどのアラサー女性対象イケメン俳優達が
あれよあれよという間に人オットとなってしまった今、
“最後の砦”といわれていた佐々木蔵之介さんが頻繁に通うのは、
東京の新宿区にお住まいのリケジョ・薬剤師Aさんです。

その彼女の存在を、ついに『フライデー』がスクープしちゃったんですねぇ!

 

sponsored link

 

佐々木さんはつい最近まで、
「結婚は当分ないです」とか主演舞台の会見(12月10日)で、
いかにも女性の存在を感じさせないような語り口でしたが、その舌の根も乾かない、
その日のうちに速攻で彼女の住むマンションを訪れていることが報じられています。

調べによると通う頻度は週2回らしですから、これはもうアツアツといって良いでしょう。

『フライデー』の記者の執拗な追求に、ついに佐々木さんは観念したのか、
覚悟を決めて彼女との事実を認めたということです。

身長182cm細身のいい男、佐々木さんの過去の女性関係といえば、
2004年の『フライデー』で小野真弓さんとの熱愛が報道されていますよね。

もう少し調べてみましょう。

小野真弓さんといえばアコムのCMでおなじみでしたね。

その小野さんと13歳年上の佐々木さんは同じマンションの違う階に住んでいて、
半同棲状態だったと報じられましたが、お互いの事務所は否定していました。

その後は天海祐希さんとのうわさもありました。

ただし、これはメディアの報道ではなく、
テレビ局で働く天海さんの弟から漏れた情報でした。

佐々木さんは神戸大学農学部卒業という学士さまで、
大学卒業後に大阪にある大手広告代理店に就職しています。

会社通いをするかたわら劇団の活動にも励んでいて、
2年間の会社員生活にピリオドを打ち、役者として芸能界へ・・・

なんと勇気のある大胆な決断をしたことでしょうか。

そもそも佐々木家は古来京都の蔵元で、『佐々木酒造』というらしいですよ。

お家はお兄さんが後を継いでいるから問題ないですが、大体そんな環境に育ちながら、
名門大学を卒業して、一流広告代理店とそんなビッグチャンスを浪費というか、
全てスルーしてまで役者に成りたかったのか
といいたくなるようなこれまでの華麗なる経緯。

優秀な人なんですね。

 

では佐々木さんのうわさの彼女について・・・

佐々木さんの熱愛のお相手の彼女は26歳の薬剤師ですが、
有名大学薬学部卒で新宿のドラッグストアに勤務していることが分かっています。

2人の出会いは大阪だったということです。

キッカケはハッキリ言って佐々木さんの“ナンパ”なんだそうです。

多忙な佐々木さんの仕事は東京がほとんどで、大阪での出会いでしたから、
声をかけるチャンスは2度とないと思っての決断だったようです。

突然有名人に声をかけられたら、相手が一般人だったら誰だって戸惑ってしまいますよね。

彼女は乗り気ながらも友人に相談していたといいます。

そして今では住まいも東京に移して、彼女の方もお熱で、
「結婚したい」と友人には打ち明けているようですね。

20歳の年の差婚はいつになるのでしょうか?

性格も頭も良さそうな佐々木さんと美人の彼女。

なんだか応援したくなってしまいます。

 

佐々木蔵之介プロフィール

生年月日:1968年2月4日

出身地:京都府

最終学歴:神戸大学農学部卒業

血液型:O型

身長:182cm

体重:74kg

 

sponsored link

 

関連記事はこちら

 

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。