うわさの舞台裏

*

安藤美姫の母親、連盟にクレーム!慰謝料請求する南里康晴!

      2015/04/26

miki

2013年4月3日に出産した愛娘・ひまわりちゃんの父親は誰か?
という問題を巡って世間を騒がせてきた安藤美姫さんが、
その問題も片付かないままにスペイン人フィギュアスケート選手の
ハビエル・エルナンデス選手と交際宣言をしましたよね。

 

sponsored link

 

こうした安藤美姫さんの奔放な行動には、
世間から避難が浴びせられているようですが、
その背景には所属事務所代表でもある実の母親の存在があります。

安藤さんの娘の父親疑惑に関しては、
元フギュアスケーターの南里康晴さんとフィギュアイベント関連会社の
代表M氏の2人に絞られているようで、
まだ真実がはっきりしないままになっています。

 略奪愛もスキャンダラスだが、安藤といえば父親を公表しないまま未婚の母になった衝撃も記憶に新しい。「子どもの父親は誰なのか?」という問題はいまだ解決していないが、フェルナンデスは交際期間が浅く、フィギュア関係者の間で「娘の顔つきは日本人」という情報が広まっていることから彼が父親である線は薄い。同時に父親候補として有力とされた元コーチのニコライ・モロゾフ氏(38)の可能性もほぼ消えた。

となると、当初から父親候補として騒がれたプロフィギュアスケーターの南里康晴(29)、そして安藤との親密な関係が報じられたフィギュアイベント関連会社の代表M氏の二人が残る。だが、南里は一度は周囲に「父親は自分」と語ったというが、その後の週刊誌の取材で「父親は僕じゃない」と否定。一方のM氏は50代で安藤と親子ほど年齢が離れており、おまけに既婚者だ。いずれも、すんなり父親であると確定できない要素がある。

「業界内では、M氏が子どもの父親であるとの情報が確定的。M氏が既婚者のため、公表できなかったのが実情のようです。安藤はM氏が離婚してから入籍し、子どもの父親として発表するつもりだったようですね。しかし、なかなかM氏が奥さんと別れないため、安藤はシビレを切らしてM氏と決別。そして今回の熱愛も略奪愛だというのだから、彼女らしいというか…」(フィギュア関係者)

ということは、南里は完全にダミーだったということか。しかし、なぜ一度は父親であることを認めるような発言をしていたのだろう。

「騒動の当時、実際に南里は安藤と一時親密になっていた。また、競技引退後の南里はアイスショー『プリンスアイスワールド』への出演くらいしか仕事がなく、父親役を引き受ければ業界内で優遇してもらえるという条件もあったようです。しかし、あまりの騒動の大きさを恐れて週刊誌の取材で否定してしまった。これに業界内で絶大な影響力のあるM氏や、フィギュア界の重鎮女性がバックについている安藤サイドが『話が違う』と激怒。南里はフィギュア界からほぼ追放され、件のアイスショーにも今年から呼ばれなくなった。コーチ転身を目指していましたが、それも諦めたようです」(前同)

引用元:メンズサイゾー

 

sponsored link

 

2014年12月25日発売の『女性セブン』では
安藤さんの娘の父親は“父親第一候補”とされていた
南里康晴さんと断定した上で、安藤さんの母親が結婚に猛反対したと報じました。

さらに、入籍したいのならと条件を突きつけたそうなんです。

その条件というのは「婿養子に入ること」「スケートを辞めること」
「充分な定収入を稼げるようになる」などですが、
その結果南里さんはフィギュア界を引退し、飲食店で働くことになった上に、
結局は安藤さんと暮らしていたマンションまで追い出されるハメになってしまいました。

そんなことが進行しているドサクサ中の2014年10月には
『女性自身』に安藤さんとハビエル選手のキス写真が報じられました。

結果的に捨てられる形になった南里さんは婚約破棄による損害賠償として、
安藤さん側に対して慰謝料1,500万円を請求しているそうです。

フラクタル法律事務所の田村勇人弁護士によると
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 南里さんの場合、精神的損害が高額になるでしょうし、結婚のためにスケートを諦めたという事情からは逸失利益も十分考慮されるので、1500万円を請求することは不当とはいえません。子供に会わせてもらえない事実や、安藤さん側の働きかけによりスケートを辞めさせられた事実を、メールのやり取りなどで証明できればかなり有利になります。

引用元:NEWポストセブン

 

▶安藤美姫を「卑怯者!」と罵る南里康晴の父 未婚の母から略奪愛まで

 

結局、安藤さんが父親不在のまま出産に至ったのは、
この母親の意向によるものと報じていました。

一方同日発売の『週刊文春』では安藤さんの母親の
“モンスターペアレント”的クレーマーぶりを報じています。

記事によると、スケート連盟に、
同じく引退後にCMやテレビの露出が増え続ける小田信成さんに比べて、
あれだけスケート界に貢献した自分の娘にテレビの仕事がないことに、
はなはだお門違いのクレームを訴えてきたといいます。

そう言われても、仕事の斡旋を行っているわけではないので
困惑していると連盟関係者は証言していたそうです。

また“未婚の母”となったことを明かした当時には、
安藤さんに殺到するインタビューのオファーに対しても、
「その金額では無理」とか、上からの物言いで応じていたようで、
関係者間では要注意人物とされていたということです。

安藤さん自身は、ハビエル選手との結婚を急いでいるようで、
1日も早く日本国籍を捨て、国外にエスケープしたいと話していたらしいです。

一方ハビエル選手はというと
「ミキは大勢いるガールフレンドのひとりに過ぎなく、
結婚はない」と友人に語っているようなんですよね。

 

▶子供の父親は未だナゾの安藤美姫!今度はハビエル選手と交際宣言!!

▶“妊娠2度目”は本当だった。ニコライ・モロゾフが語る安藤美姫の結婚ドタキャン!

 

himawari

 

sponsored link

 

関連記事はこちら

 

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。